2014年05月25日

mama mamaの小さな幸せ日記

 新作(てるてるぼーずメッセージカード)出来ました!
一つで下げてもいい・・・沢山の仲間と一緒もいい・・・一つ一つ微ミョーに顔も違って・・・自分で作って自分で可愛いー・♡゚とニヤニヤしています!
DSCF6361.JPG

 てるてるぼーずを見ていると「明日天気になりますよーに」と誰かの願いが聞こえてきそう。雨降りが続くと嫌な気分、お洗濯も困る・・・でも、植物には恵みの雨ともなる。雨が降るからお日様に感謝、日照りが続くと雨に感謝。いろんな経験から沢山の教えが得られます。
DSCF6359.JPG

先週の日曜日、千葉のN様から小包が・・・開けてみると、箱いっぱいのマスキングテープや紙袋等・・・お手紙には「子供さんの紙遊びにお使いください」と書かれていて、どれもこれも可愛い絵柄に子供達は、大喜び!!N様は、いつも紙遊びのアイテムを沢山集められていて、どのお手紙にも凄いアイデアと温かさを感じます。
DSCF6120.JPG

四月の娘さんの結婚式には、オーダーの桜色の和紙がお客様のへの小物等に使われ「和紙の桜色が、会場の照明にとても映えていて・・・この和紙を作ってもらって良かった〜」と嬉しいお言葉を頂き、私までその幸せな光景に参加させてもらったような気持ちになりました。
いつも私に紙を使うことの楽しさを教えて下さる方です。
また、先日、カッター一本で素敵な模様を作り出す(切り絵)をされるT様が来場。作品をお持ち頂き見せていただきました。私は、その繊細かつ繋ぎ合わされた立体となって現れた模様の美しさに感動し・・・T様は「色々と紙を探し、使いましたが・・ここのぼかしは、どこにもなく、この和紙に出会えて作品作りが一段と楽しくなりました!!」と言われ・・お互いにお礼合戦となったようでした(笑)
次の日は、押し花をされているお客様が来られ・・・以前購入して使ってみたら、習いはじめでどの人よりも下手な私の押し花が、この和紙を引くと花を優しくしてくれて・・誰よりも良く見えました!次の作品にもこの和紙で!とまた来ました!!」と喜ばれ、一つ一つの花を思い浮かべて紙を選ばれて行きました。
一枚の紙が、違う人の手に渡るとそこから想像の世界が広がり・・・その人の作品に貢献している。
手から伝わる愛情が、手作りを大切にされる愛情のこもった作品に使われる。
手漉き和紙の仕事は、これなんだ!!としみじみです。 早速、主人に伝えて「良い紙を漉いてくださいね!」とハッパをかけました(笑)
来月は、保育所や小学校の伝統文化授業が待っています。子供達に人間の手の持つすごい力を伝えたいです。

 
posted by 和紙之守 at 22:16| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。