2014年05月28日

籾薫炭入り和紙

籾薫炭入り和紙の乾燥に入りました。
和紙の吸湿性と床に引く薫炭を混ぜて
薫炭入りの賑やかな和紙になりました。
DSCF6435.JPG
書には向きそうにありません(筆が引っかかりそうです。)
クラフト紙として壁紙としていいのではないでしょうか?

DSCF6432.JPG
posted by 和紙之守 at 19:03| 福岡 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

工房では”葛の葉入り”和紙乾燥

葛の葉入り和紙乾燥です、お茶の爽やかな香りがします。
DSCF6397.JPG

この葛の葉茶、乾きがいいのです。
昔から葛布として衣服に使われたとあって
繊維の乾燥が早いように感じられます。
DSCF6398.JPG

和紙と葛の爽やかさは建材などにいいのかもです。
DSCF6399.JPG


posted by 和紙之守 at 06:59| 福岡 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。