2008年07月10日

銀の糸

DSC03667.JPG和紙を作る工程の中で
「きれいだな。」
と、感動する場面の一つ
紙料作りである。

煮た楮を漂白して叩く
そして切るという工程がある

そのときの楮の繊維を、光にかざす
”銀色の糸”
こんなに綺麗な糸が絡み合って、綺麗な和紙になる。
いつもこの輝きを眺める
自然の植物が発する輝き。

これは、僕しか見れないんだな。


posted by 和紙之守 at 02:03| 福岡 | Comment(0) | TrackBack(0) | 工程 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。