2011年01月17日

お鏡焼き

我が秋月魚町のお鏡焼きが先日ウチの田んぼで
ありました。
DSCF2859.JPG

それぞれの場所でいろんな言い方があり
”ほうけんぎょ”“どんどん焼き””さぎっちょ”
こんなに沢山あると混乱します
チョッと郷土館の館長さんに聞きました。
ほうけんぎょは1月7日、豊作などの祈願みたいな占い的なもの。
三儀長(さぎちょう)は1月14日、宮中の儀式から来たようです。
1月14日は早朝にモグラ打ちをして、その日に竹でやぐらを組んで
注連縄やお札を燃やしてお鏡を焼いて、次の日に焼いたお餅で
”だんだらがゆ”

どんどん焼き、どんと焼きなどはこちらの方では言わないようです。

しかしながら先日はかなりの荒れ模様でしたが
町ウチの皆さんが集まってきました。
DSCF2955.JPG

DSCF2959.JPG

今回は”猪汁”が大好評!!
DSCF2962.JPG

近所の方から獲りたての猪のアバラ部分をお鏡焼き用にもらい
さばいて凍らせていました。
DSCF2075.JPG

骨付きカルビーです
DSCF2964.JPG

あつ燗でいい感じになりました。
DSCF2968.JPG

今年も町ウチの皆さん、家内安全・商売繁盛。
posted by 和紙之守 at 01:27| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 秋月の町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。