2011年03月19日

春の展示会そして葛蔵開き

秋月風我人展開催

まだ杉の馬場一通りが少ない。
DSCF5130.JPG

桜の蕾も固い・・・。
でもすこーし膨らんだかな?
DSCF5128.JPG

工房調の新作
花びらの箸置き
DSCF5123.JPG
四代目曰く「おおっ、可愛い箸置きではないですか?」
調さん曰く「ふふっ、そうおもいましたか?でももう一つこの作品には思いがあるんです。」

聞いてみました、ななんと!
ここでは書けません。
会場に来て本人に聞いてください。

水の音土の音さん
今回チョッと作風が変わりました。
DSCF5125.JPG
こんな感じ
DSCF5126.JPG
こんな感じ
DSCF5127.JPG
こんな感じです。

いつも面白いデザイン。

そして、お店のウィンドウは
秋月郷土館の事務長代理の渡辺氏
草月流生け花で今回も協力して頂いています。
午後からいけ込みでした。
DSCF5140.JPG

和紙を花器に見立てていけてくれました。
ウィンドウに光が反射してはっきり見えないのが残念でした。
面白いでしょう。

お客様の鎌田先生もこられて
次回の作品展の会場に、先日お世話になった
廣久葛屋さんのお座敷は?という話から
現地へー。

廣久葛本舗さんは先週から”葛蔵開き”というイベントの最中
DSCF5152.JPG
いきなり武者姿の葛屋の社長さんとツーショット
DSCF5141.JPG

母屋のイベント会場へ
DSCF5147.JPG

今日は陶器や雑貨屋さんが入られていました。
DSCF5148.JPG
「このお座敷ならば!」と
展示会の実現にワクワクされていました。
また店舗の桜の演出も感動されていました。

DSCF5156.JPG
鎌田先生との秋月コラボ楽しみです。

さて杉の馬場の会場に戻ると
先ほどの武者姿の社長さんが鉄の馬に乗って登場
DSCF5158.JPG

会場に備えてある
東北関東地震義援金に募金して頂きました
「ありがとうございました!」
DSCF5162.JPG

春の作品展初日。忙しかったです。
お近くに来られる事がありましたら、ぜひお寄りください。


posted by 和紙之守 at 18:57| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 秋月風我人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。