2011年07月26日

秋月小学校海山交流体験

DVC00105.jpg

年に1回 海彦と山彦がお互いの故郷(くに)の良さを体験し合うイベント。
その共通点は”大自然と水”である。(勝手に解釈しています。)

今年も7月22日に秋月小学校と北崎小学校の生徒さんが
秋月の水をふんだんに使う
手漉き和紙の体験に来てくれました。

北崎小学校の場所をネットで見ました。
http://www.fuku-c.ed.jp/schoolhp/elkitaza/index.html

元寇いという歴史の舞台のある地域のようです。
我が秋月氏も元寇に出陣しています、もしかしたら
あのあたりで活躍していたかも知れません。

今年の北崎小学校の生徒さんは
元気のよい子ばかりでした。

秋月の子は体験が2回目なのか
よゆうで手漉き和紙を漉いていました。

校外交流は9年間、同じ仲間の秋月の子にとって
とても刺激になるのではないかと思います。
posted by 和紙之守 at 13:16| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 秋月の町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。