2014年02月09日

書道展

養真選抜書作展
会場は小倉井筒屋新館9階で開催
秋月和紙を使った書の作品も出品されています。
11日に行こうと思います。
養真 001.jpg
posted by 和紙之守 at 22:17| 福岡 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
写真展の報告が遅くなりました。
見ていただいた皆さんは、一様に「手漉き和紙でこんなにきれいにプリントできるのですか?」と驚かれます。
また「このプリントはどれ位長持ちするのですか?」たくさん聞かれました。「井戸水で晒した楮の繊維でできた和紙で完全に中性ですから、多分とっても長持ちするでしょう」と答えました。
今月は18日(火)〜30日(日)まで、同じ神戸市内のKOBE819ギャラリーで開催される「KOBE KOBE KOBE vol.2展」に参加します。私は紅葉の名所とされる太山寺の秋景色を9枚の写真にまとめて展示します。
昨日秋月和紙の大きい方(約54×38cm)を使いプリントが完成しました。展示は横に3枚×縦に3枚並べます。結果展示スペースは1.8×1.2mと大きく、壮観になるでしょう。またお寺の景色と手漉き和紙の純和風コラボも、前回にも増してご覧いただく方の興味を誘うと思います。
Posted by 高倉一徳 at 2014年03月03日 21:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。