2014年06月18日

半切乾燥

DSC_2619.jpgDSC_2618.jpg乾燥作業は最後の仕上げである。
和紙の大きさが大きくなるほど
作業は難しくなる。
なにがそんなに難しいのか?

刷毛の運びだ
熱くした乾燥台の鉄板に絞った和紙をのせて
刷毛で掃きながら鉄板に張り付け乾燥させる。
一枚一枚手つきと力加減が変わる
一期一会である。

和紙を載せるときに、踊って言うことを聞かない和紙もあり
躾るのにコツがいる。

乾いて乾燥台から パリッと呉とをたてて出来た和紙。
その瞬間が好きである。
posted by 和紙之守 at 16:01| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。