2015年02月16日

mamamamaの小さな幸せ日記

IMG_20150211_133707359.jpgIMG_20150211_110944362.jpgDSC_0770.jpg先日、福岡の日本語学校から色々な国の方々が和紙漉き体験にやってきました。
皆さん和紙漉きは初めてという人ばかりで、私たちの単語だらけの説明にも一生懸命耳をかたむけて、旅行会社の方を通じて、いろんな質問をしたり・・・熱心に体験をされていました。
後で、東京に来る外国人の方はファッションや観光のため、福岡に来る外国人は歴史や日本を学ぶため・・・と、目的に違いがあると聞きました。
「本物の現場に来て、新しい技術で作られたものではなく、昔からの技術で本物を本当に携わっている人を見れて、和紙を通じて昔からの日本人の知恵も教えて頂いて良かった!日本を又一つ学べました!!」と喜ばれて帰って行きました。
それから、数分後ある一人の画家さんがやってきました。「先程、違うお店に来ていたオーストラリアの人と話をしていたら・・・とてもいい和紙屋さんがあるから行ってみて下さい!と勧められました!あ〜手漉き和紙の
お店ですね〜」と暫く和紙を見ていましたが・・・「何だか和紙に挑戦したくなったぞ!!」と色々選んで購入されていきました。
和紙の良さが伝わった嬉しい日でした。
そして、秋月は、東京に比べると何もないような田舎だけれど、良い水、良い空気、自然が沢山で、町並みや人の生活に歴史が沢山あって本当の日本かもしれない・・・そして、日本人の作った”和紙”を知ってもらえる
地味だけど、そんな秋月がいいなあ〜これからも、訪れた人にそう思ってもらえる所であってほしいなぁ〜と改めて思えました。

又最近の子供達のお気に入りの日課となっている[登校前に金柑の汁を飲む]・・・千葉のN様からの頂き物ですが、おかげで上の子の咳が穏やかに治まりとても助かりました。
N様に話すと「金柑饅頭を作るときに使う残りの汁が役に立って良かった〜やはり昔の人の知恵は、凄いわね」とびっくりされました。
テレビや雑誌など色んな所から新しい情報が沢山入って来るけれど・・・私達は、両方の良さを知る事が出来るし、子供達に伝える事も出来る大切な年代でもあるのだな・・・毎日を無駄にしては「もったいない!!」
と思いました。


---
このEメールはアバスト アンチウイルスによりウイルススキャンされています。
http://www.avast.com
posted by 和紙之守 at 10:59| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。